熊本市採用

画像令和2年度(2020年度)熊本市職員採用(選考)試験 試験区分等・職種・採用予定者数・受験可能年齢/熊本市

 

熊本県熊本市は2020年3月25日、市の公式ウェブサイトにて氷河期世代を対象にした採用試験を実施すると明らかにしました。

氷河期採用は全国自治体で進んでいますが、同市では概ね33才~50才を対象に事務職を5名ほど採用する方針です。なお、情報によると募集は2020年7月16日~2020年7月29日の約2週間にかけて行われ、2020年9月27日に1次試験を実施予定。対象者の学歴や職歴条件は決まっておらず、市は今後2020年7月1日公開予定の受験案内で公表するものと見られます。

 

人事委員会協議会でも支援方針

 

熊本市はこれまで、社会人を対象にした経験者採用試験を実施している自治体です。

今回の新たに氷河期世代採用試験の実施が決まりましたが、市は並行する形で社会人向けの経験採用試験も進めるとしています。なお、市は氷河期採用の背景として、県や政令指定都市で構成される人事委員会協議会で話題になった氷河期世代支援の議論を経たものと回答。

今後、協議会に参加する別の自治体でも、採用試験が実施される可能性があるものと見られます。

 

ゆめ
全国の氷河期世代採用試験情報もまとめています。ご参考にどうぞ!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事