【実績アリ】Shinobiライティングって稼げる?文章好きならオススメ

今回ご紹介する「Shinobiライティング」は、ライティングに特化したクラウドソーシングサイトです。

 

案件は全てライティング関連業務なので文章が得意な人なら、すぐにでも数万円~数十万円は稼げます。キャンペーンや限定案件・認定制度な、ライターをサポートするシステムも多く、上手に使いこなせば「稼ぎと効率」も両立できるでしょう。

ただしShinobiライティングは、クラウドソーシングのなかでもクセの強いサイトです。魅力を最大限味わうには、ある程度サイトへの理解が必要です。

このサイトは書きにくいことも多いのですが、書ける範囲で記します。それでは早速、いってみましょー!

 

ゆめちゃん
クラウドソーシングは自宅でできるカンタンワークよ。ひきこもりさんにもオススメなの!

メイドちゃん
なにそれって人はリンク記事を読んでみてね!

 

文章が書ければ稼げるサイト

まずはわたしの実績を公開。Shinobiライティングで獲得したポイントをお見せします。

 

「196,760pt!?」と驚かれるかもしれません。でもShinobiライティングのポイントって等価じゃなくて「2pt=1円」のレートです。

ですから、実質的には「月10万円くらい」の稼ぎとなります。ちなみに当時の上位ランキングでは、これで大体10位~20位くらいです。

ゆめちゃん
このサイトに向いている人は、「文章が好き・文章が得意な人」よ。 上手に文章が書けるなら、稼げる額はこんなものじゃないわ

 

Shinobiライティングの特徴

Shinobiライティングの特徴を整理します。

このサイトは、なかなかクセの強いサイトです。実際に利用してみるのがイチバンですが、向き不向きによって使いやすさが違ってきます。

 

Shinobiライティングの特徴
  1. ライティングに特化
  2. キャンペーンが豊富
  3. 案件の数や単価がやや不安定
  4. 実力主義のランク制度
  5. 取材や校正・翻訳などもある

 

ライティングに特化

Shinobiライティングは文字通り、ライティングに特化したクラウドソーシングサイトです。

 公開案件は全て文章に関わる作業なので、ランサーズやクラウドワークスに多い「検索順位の調査」や「アンケート」などはありません。系列サイトのshinobiマイクロタスクで、わずかに出てくる程度です。

つまり文章が苦手なタスクマンには、まったくオススメできません

ゆめちゃん
Shinobiライティングは文章制作に特化してるわ。ライティングが苦手なタスクマンにはオススメできないわね

 

キャンペーンが豊富

Shinobiライティングではときどき、ボーナスキャンペーンが開催されます。

内容は数種類ほどバリエーションがありますが、いずれもヘビーユーザーを優遇する傾向が強いです。わたしが体験したもののなかでは、

  1. 50記事書くごとに合計1,000円のボーナスポイント
  2. 執筆ランキングで○位以内に入ればボーナス
  3. 書けば書くほどグングンポイントアップ!

などのキャンペーンがありました。

 Shinobiライティングのキャンペーンは他社のものと比べて恩恵が大きいです。常駐して作業すると、キャンペーンの有無で月間収益が万単位も違ってくるので、力の入れ具合をコントロールした付き合い方が有効です。

ゆめちゃん
ボーナスポイントはねらい目よ!開催中はどんどんチャレンジ!

 

案件の数や単価がやや不安定

Shinobiライティングは、公開案件の数や単価がやや不安定です。

たとえば、1万を数える案件が出たと思えば、「案件がほとんどないor高難度ワードばかり」なんてケースもしばしばあります。単価にしても、似たような案件なのに報酬が2倍近く違ったりと、量も質も安定しません。

 公開案件だけをつまんで稼ぐタイプのワーカーには使いづらい部分もある言えるでしょう。

ひきたろう
たま~に、案件がないんだよなぁ~

 

実力主義のランク制度

Shinobiライティングには、ライターの実力を評価するランク制度「CROCO認定ライター制度」があります。

内容的には、ランクアップにより限定案件の紹介があるなど。制度自体はランサーズやクラウドワークスのものと似ています。

ただし、shinobiライティングの場合はランサーズのように「返信率が80%・獲得金額が上位20%以内なら~」など、数値的な基準を公表していません。

 タスクマンとしては何を改善すれば認定されるかが見えにくく、苦労する可能性もあるでしょう。

 

取材や校正・翻訳など多彩な業務

shinobiライティングには取材や校正・翻訳など、文章制作の周辺業務も案件として揃えています

いずれもWebライティングだけでは経験できない業務なので、チャレンジしてみるのも良いでしょう。ライティングを足掛かりに周辺業務へのステップアップを狙えるサイトは、ココくらいしか知りません

ただし応募条件や報酬額は、職種によって違います。公式サイトで確認しましょう。

 

Shinobiライティングのオススメスタイル

Shinobiライティングを上手に使いこなすには、

普段は別サイトで作業して、キャンペーンだけつまんで稼ぐ
タスク作業を積み重ね、Shinobiのライターランクを上げていく

のどちらかのスタンスがオススメです。

タスクマンとしては自由気ままが理想ですが、最近の案件は全体的に必要文字数が増えているので、より高度なスキルを身に着ける覚悟も必要です。

その意味では、Shinobiライティングは恰好の修行場と言えるでしょう。実際に使ってShinobiライティングとの相性の良さを感じたら、永住も悪い選択ではありません。

 

まとめ

 Shinobiライティングは文章制作に特化したサイトです。

 案件はほぼ100%が文章なので、文章作りが得意な人や文章を作って稼ぎたい方にとっては、ピッタリのサイトと言えるでしょう。

ただしShinobiライティングは公開案件の数や質がバラつきがち。案件ゼロのケースもときどきあるので、公開案件中心のタスクマンがメインサイトとして使うには不向きです。

経験者の立場として言わせてもらうなら、普段は別のメインサイトに居住して、キャンペーンがあるときだけ訪れたり、どっぷり漬かって上位ライターや周辺職種へのキャリアアップを目指すなど、サイトのクセを理解した使い方をオススメします。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事