宮城県が氷河期世代11名を大規模採用、行政や警察事務など4職種

宮城県はこのほど、バブル崩壊の影響を受け雇用機会が失われたとされる「就職氷河期世代」を対象に、県正規職員採用試験の実施を発表しました。

県が公開した採用ページによると、宮城県では昭和45年4月2日から昭和60年4月1日までに生まれた人を対象に、学歴・職歴不問での採用試験を実施する予定です。募集職種は行政事務・警察事務・教育事務のほかに土木の4職種で、自治体が実施する試験採用枠のなかでは比較的大規模な合計11名もの採用枠を設けられました。

応募期間は2020年年11月2日~2020年11月20日の約2週間半が予定されています。ただし、新型コロナウイルスが再び勢いを増す状況から、場合によっては日程変更もありうるとの見解が示されています。(公式ウェブサイト参照)

1次試験は

宮城県の氷河期世代採用試験は、1次試験の筆記に加えて、2次試験の作文・人物・適性試験考査による、合計2回の選考が予定されています。

1次試験2020年12月13日で、2次試験は2021年1月9日もしくは1月10日になるとのことです。

参考就職氷河期世代を対象とした職員採用試験を実施します/宮城県

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事