静岡市が氷河期世代の事務職採用を正式決定、募集時期などは今後公開

画像静岡市職員採用/静岡市人事委員会

 

静岡県静岡市は2020年5月、市の採用情報ページ「静岡市職員採用」にて、就職氷河期世代の採用試験(事務職)を実施する方針を明らかにしました。

ただし、静岡市は他の世代の採用試験と合わせる形で情報を公開しており、氷河期世代については「詳細が決まり次第お知らせします。」と記載するにとどめています。試験実施の有無や時期・内容などは明かしていません。

そこで、当サイトが静岡市人事委員会に確認したところ、「試験の実施自体は確定している」との回答がありました。現状において試験実施は決まっており、2020年8月3日以降に予定される募集案内の公開に合わせ、内容が明かされる見通しです。

 

静岡市はこんな町!

 

静岡市は静岡県の県庁所在地で、政令指定都市に指定されている自治体です。

人口はおよそ68万人ほどで、近年は人口減少の影響により微減傾向にあります。もっとも、静岡県内においては首位の浜松市に次いで人口が多く、県内2位の規模を誇る自治体です。

静岡市は多くの観光資源・名物に恵まれた自治体ですが、名物のおでんは特に高い知名度を有しています。浜松市を中心として広がるうなぎと合わせたしなむ人も多く、静岡県の看板名物として親しまれています。

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事