人事院が氷河期世代157人を国家公務員採用!事務・入国警備官など4種

画像国家公務員 中途採用者選考試験(就職氷河期世代)の概要/人事院

人事院は2020年3月27日、就職氷河期世代を対象に合計157名の採用枠を設け、統一試験を実施すると発表しました。

人事院が同日付で公開した資料によると、募集職種は事務、技術、刑務官、入国警備官の合計4種。学歴および職歴の条件は設けず、1966年4月2日~1986年4月1日に生まれたひとを対象に募集する方針です。

なお、試験案内は2020年6月をめどにを公表し、2020年8月下旬よりインターネット申し込みを受け付ける予定です。

 

ゆめ

 

目を疑うかもだけど157人の採用を予定しているそうよ! 前代未聞の大規模採用試験になりそう!

 

東京や大阪に加え札幌や那覇も、全国8都市で試験実施

人事院157人採用

人事院は1次試験について、会場を都内に限定せず、全国8都市(札幌市、仙台市、東京都、名古屋市、大阪市、広島市、高松市、福岡市、那覇市)で実施する方針です。

試験会場は受験者の任意に従い選択できる方式になるとのこと。ただし、申し込み状況により、別途近隣都市に会場を設ける可能性もあるとしています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事