栃木県知事「氷河期採用、人事委員会と早急に協議」

画像第16回知事定例記者会見/栃木県

栃木県知事はこのほど開かれた第16回定例記者会見にて、氷河期世代の採用試験に関する答弁として「人事委員会と早急に協議を進めてまいります」と回答していたことが明らかになりました。

知事によると、栃木県では2019年度から実施している社会人採用試験の整理と合わせて、決めていくとのこと。当サイトが2020年3月6日にリサーチしたところ、既に話は人事委員会および人事課に降りてきており、今後議論を進めるとの回答がありました。

ゆめ
現時点では実施確定していないから誤解しないでね!

人事課「コロナウイルスの影響で議論がストップ」

もっとも、栃木県での試験実施は、仮に正式決定したとしても、未だしばらくの時間がかかるものと思われます。

原因はコロナウイルスの蔓延です。人事課の職員の方によると、現在はコロナウイルスの影響で議論がストップしている状況とのこと。栃木県内ではすでに複数の感染者が確認されており、県ホームページで特設的に情報を提供するなど、対応に追われる状況が続いているものと見られます。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事