南相馬市が氷河期世代2名を行政事務職として募集開始、期間は約3週間

参考南相馬市職員採用候補者試験 受験案内/南相馬市

 

福島県南相馬市は2020年5月15日に公開した令和2年度採用試験日程にて、就職氷河期世代を対象にした市の正規職員採用試験の募集を明らかにしました。

同市が公開した受験案内によれば、募集対象は昭和45年4月2日~昭和61年4月1日までに生まれたひとを対象に、行政事務2名程度採用する予定です。募集も既に開始しており、2020年5月15日~2020年6月5日の約3週間程度ほど応募を受け付けるとしています。

なお、試験はSPIや作文・面接を組み合わせた合計3回の選考を予定。1次試験のSPI検査は2020年6月27日が予定され、2次試験以降は合格者に通知する方針です。

 

学歴・職歴は不問で募集

 

南相馬市は受験案内にて「学歴・職歴は不問」と明示しています。

理由は明らかにされていませんが、試験案内では、

 

雇用環境が厳しい時期に就職活動を行い、これまでに正規雇用の機会に恵まれなかった等、様々な苦労や困難を経験し、その中で培われた能力や熱意を南相馬市のために発揮できる方を募集します。

と記載しており、単純な職歴にこだわらず、これまでの経験で培った能力を持つ、多様な人材を求めているものと見られます。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事