尾道市で就職氷河期世代の採用発表されるも、コロナ延期決定

画像尾道市職員採用候補者試験(前期)の延期/尾道市

 

尾道市は2020年4月30日、市の職員任用試験である【尾道市職員採用候補者試験】の6月上旬予定の前期試験を、新型コロナウイルスの影響から延期すると発表しました。

同市は試験実施を4月上旬に発表していましたが、感染拡大の影響から実施時期の調整を決定。公開された募集案内には一般事務職のほか、氷河期世代を対象にした事務職採用試験の実施も予定されていました。

なお、同市は今後の予定について、「新たな試験日程等は決まり次第、改めて御案内します。」と説明。記事発表時点では終息の見通しが不透明なことから、今後の状況を見て判断を下すものと見られます。

 

採用人数や募集対象は後日発表か

 

記事発表時点で、尾道市は氷河期世代採用試験の募集人数や具体的な対象年齢などを明らかにしていません。

ただし、採用試験自体は実施される見通しのため、具体的な条件については、今後発表があるものと見られます。

 

ゆめ
詳細が公表され次第、当サイトでも配信するね!
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事