福井県が氷河期世代5名を募集、知事部局や教育委員会等への配属か

画像令和2年度 就職氷河期世代を対象とした福井県職員採用試験概要/福井県

 

福井県は2020年4月28日、報道発表資料として「令和2年度福井県職員募集」に関する記事を掲載し、就職氷河期世代対象の正規行政職員の採用試験を実施すると発表しました。

県が対象世代向けに公開した資料「令和2年度 就職氷河期世代を対象とした福井県職員採用試験概要」によると、同県は行政職として5名の採用を計画し、採用後は知事部局や教育委員会等への配属を予定しているとのこと。応募条件は年齢要件(昭和45年4月2日~昭和61年4月1日までに生まれたひと)のほかには課されず、学歴や職歴は不問。応募は2020年8月12日~8月31日の約3週間ほど受付け、2020年9月21日に一次試験を実施する方針です。

ゆめ
ちなみに、申込書は6月19日に配布を予定しているよ。応募期間と開きがあるから、もしかしたら志望動機なんかと書くことになるのかもね!(注:個人の予想です)

 

コロナ延期の可能性も…

 

福井県は公開した試験概要で日時や採用人数を発表する一方で、新型コロナウイルスにより変更の可能性があると明記しています。

現在、全国各地で新型コロナウイルスの蔓延に伴った自粛の流れが強く、先行きが不透明な状況です。就職氷河期世代を対象にした採用試験を巡っては、延期や再検討を進める自治体も多く、福井県の発表もこうした事情を懸念しての決定と見られます。

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事