取手市、10万円受付事務(任期付)で就職氷河期や内定取消者を優先採用

画像新型コロナウイルス感染症対策特別定額給付金事務(会計年度任用職員)を募集します/取手市

 

茨城県取手市は2020年4月23日、新型コロナウイルスの蔓延に伴い給付が決まった「特定給付金」の事務を担当する、任期付き職員の募集を開始しました。

特定給付金はこのほど世間をにぎわせている「国民全員に10万円給付」の事業で、採用後は事業に関する受付処理やパソコン操作への従事を予定しているとのこと。今回の事業は市民全員が対象で、開始と同時に多くの問い合わせが想定されるため、対応準備に向けた動きと見られます。

なお、募集対象は2名で、任期は2020年6月1日~2020年10月31日。応募はハローワークもしくは産業振興課で受け付けているとのことです。

 

就職氷河期世代やコロナ取消者は優先対応

 

取手市は給付金事務職について応募条件を不問とした上で、就職氷河期世代(1970年4月2日~1997年4月1日生まれ)および、コロナウイルスによる2020年度を予定する内定の取消者からの応募を優先すると明記しています。

 

ゆめ
既に応募者は来てるみたいだけど、私が問い合わせた時点ではまだ受付してるわ。詳しい条件は取手市のホームページやハローワークで見てね!
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事