福井県が氷河期採用試験を実施方針で決定、来年度にも募集か

画像定例会会期日程/福井県

 

福井県はこのほど、就職氷河期世代を対象にした採用試験について、実施方針で固めたと明かしました。

同県では2020年2月27日に開かれた県定例会議にて氷河期世代について議論があり、西本恵一議員が氷河期世代への各支援策とともに、県職員採用について「民間では最近、通年採用を広く進めていますが、優秀な人材を募集する意味でも、県庁職員として就職氷河期も含めた中途採用を考えられてはと思います」と質問。

同県総務部長はこれに対して、「就職氷河期世代支援についてでございますけど、重要な課題と認識してまして、来年度の採用試験におきまして、採用枠を設ける方向で検討してまいりたいと考えております」と回答していました。

 

年内には詳細決定、募集要項は5月頃か

 

福井県は上記議論を受け、氷河期世代採用を実施方針で進めています。

当サイトが同県人事課に取材したところ、記事発表時点ですでに試験実施は確定しており、今後は募集人数や条件など取りまとめる計画とのこと。募集要項は2020年4月以降の発表を目指す方針との回答がありました。

同県は既に令和3年度分の採用計画をまとめていますが、氷河期世代採用については今後別の計画として取りまとめるものと見られます。

 

ゆめ
ちなみに、募集要項の発表は2020年5月頃~になるみたい!
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事