黒石市が氷河期世代採用を募集、1次試験はSPI3で実施

画像黒石市

青森県黒石市は令和2年度の職員候補者採用試験(A日程)にて、氷河期世代採用試験の実施を発表しました。

市の発表によると、募集対象は32才~40才で、学歴や職歴は問わずに応募を受け付ける方針です。募集期間は2020年3月1日~2020年3月31日で、事務職4名程度の採用を予定しています。

なお、黒石市は1次試験にリクルートHDが提供する基礎能力検査「SPI 3」を採用。通常の公務員試験は行わないとしています。

ゆめ
黒石市は応募方法を郵送に切り替える方針みたい。2020年3月3日時点での話だから、告知があったらこのページに改めて記載するね!

ゆめ
2020年3月6日、黒石市が申し込み方法を郵送または直接申請に切り替えました~ リンク先も修正したよ!

国の要請に市の実情を反映

氷河期世代採用試験の実施背景について取材したところ、黒石市から「国の要請に加えて、市職員の実情を考慮し決定した」との回答がありました。

これによると、同市では以前から社会経験者を対象に採用試験を進めてきたが、氷河期世代(32才~40才)の人員が他の世代と比べ相対的に少ない状態が続いていたとのこと。また、氷河期世代は不安定就労に悩み、安定的な雇用環境にない層も多いことから、応募条件も「職務経験不問」に変更したとしています。

ゆめ
一覧リストも参考にしてね
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事