陸前高田市が氷河期世代の採用を発表

画像陸前高田市職員採用試験(就職氷河期世代対象)受験案内/陸前高田市

岩手県の陸前高田市は2020年1月24日、市ホームページにて就職氷河期世代を対象にした採用試験情報を公表しました。

募集は昭和45年4月2日~平成2年4月1日までに生まれたひとのうち、高卒以上の学歴を持つひとが対象です。募集枠は事務職で、3名ほどの採用を予定しています。

市は採用に合わせ、持続可能な共生社会のまちづくりなど、同市が進める施策も公開。対象世代が持つさまざまな経験や知識を、市政に活かす狙いがあるものと見られます。

教養試験なしの募集。人物重視の採用か

陸前高田市は、論文と書類選考による1次試験と、人物および対人能力を測る2次試験による、合計2回の考査を予定しています。

大半の公務員試験で実施される、いわゆる教養試験が含まれない点は大きな特徴と言えるでしょう。経歴・人物重視で選考を進めるものと見られます。

1次試験は2020年2月1日~2020年2月28日の合計約1か月間からはじまります。

参考陸前高田市職員採用試験(就職氷河期世代対象)受験案内/陸前高田市

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事