ひきこもりイメージ

東京都国立市の立川署は2019年6月24日、父親と思われる80代男性の遺体を遺棄した疑いで、無職・高橋直良容疑者を逮捕したと明かしました。

父親の遺体に目立った外傷はなく、病死の可能性が高いとのこと。

死亡したと思われる父親は広報誌の配布業務をしていましたが、2019年3月に退職。その後2019年6月21日、父親の動向を心配したシルバー人材センターの職員が自宅を訪問したところ、遺棄が明らかになりました。

将来から逃げ放置か

高橋容疑者はアイドルのコンサートに向かうときしか外出しないなど、典型的な中高年のひきこもり。事件当時は父親と二人暮らしを続けており、父親の年金で生活していたと見られています。

逮捕された高橋容疑者は、当局の取り調べに対して、「今後のことを考えたくないから、放置した」などと供述。

現実から逃避した末の行動と見られます。

参考“父親”の遺体を遺棄 49歳男を逮捕/Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事