東京特別区が氷河期世代37名程度の採用計画を発表

東京都特別区は2020年6月25日、区の特別区人事委員会が運営する採用情報サイトにて、氷河期世代を対象にした採用計画を発表しました。

情報によると、区では昭和45年4月2日~昭和61年4月1日に生まれたひとを対象に、学歴および職歴不問で一般行政職として37名程度を採用予定。

採用後は本庁各課、出張所、保健所、福祉事務所などへの配属が予定されています。

申し込みはインターネット推奨、試験科目は教養試験など

 

東京都特別区の募集期間は2020年6月25日~2020年7月16日の約3週間程度です。

申込方法はインターネットと郵送の2通り(原則としてインターネット)で、1次試験は2020年9月6日とのこと。

なお、1次試験の試験科目は教養試験および論文試験が予定されています。

 

参照就職氷河期世代を対象とする特別区職員採用試験

ゆめ
募集要項のリンクです!
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事