愛知県岩倉市が氷河期世代を事務職採用、障がい枠も別途募集

参考岩倉市職員採用候補者試験募集要項/岩倉市

 

愛知県岩倉市は2020年5月22日、市職員の採用計画である「岩倉市職員採用候補者試験募集要項」にて、就職氷河期世代を対象にした採用試験の実施を発表しました。

岩倉市が公開した資料によれば、市では「昭和49年4月2日~昭和59年4月1日までに生まれたひとで、令和2年3月31日までに大学および短大を卒業したひと」を対象に事務職員を1名募集。採用は別途障がいを有するひとの枠も設けられ、こちらは高校卒業の学歴も加えて募集しています。

なお、市によれば応募期間は2020年6月1日~2020年6月19日の約20日間です。

 

筆記試験はSPI形式

 

岩倉市は全2回にわたる選考試験で、応募者の選抜を進める方針を示しています。

1次試験は2020年7月12日に開催予定で、SPI基礎能力検査(障がい枠は教養試験)および適性検査、作文試験を実施する方針です。2次試験は面接による選抜で、日程は2020年7月28日および30日が予定されています。

ゆめ
岩倉市の二次試験っていずれも平日予定なんだよね。 公務員試験ってだいたい土日予定だから、ちょっと珍しいかも?
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事