山梨県が7月以降、就職氷河期世代を行政職として3名程度採用

画像採用試験(就職氷河期世代)/山梨県

 

山梨県は2020年4月27日、以前から検討と進めていた就職氷河期世代を対象とした採用試験を、正式に実施すると明らかにしました。

山梨県は決定に合わせ、県の公式ウェブサイトにて今後のロードマップを公開。これによると、県では行政職3名程度の採用と決定し、2020年7月以降に公開する受験案内で試験形式や内容を告知する見通しです。

社会人経験者も別途募集

 

山梨県は、氷河期世代向けの採用試験とは別枠で、社会人採用試験も実施する方針を示しています。

社会人採用試験は民間企業等による職務経験を持つ人材を任用するもので、氷河期世代を含め昭和36年以降に生まれたひとを対象とした試験です。同県は2020年7月17日に公開を予定する試験案内で詳細を告知予定で、記事発表時点で併願に関する判断は示されていません。

 

ゆめ
条件的には両方満たす人もいると思うわ。でも、他の自治体の事例だと併願不可としてるところもあるから、今後の発表をよく調べてから決定してね!
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事