小山市が氷河期世代を若干名募集、コロナ懸念し郵送・電子申請で対応

画像小山市職員採用試験/小山市

 

栃木県小山市は2020年4月17日に公開した受験案内にて、いわゆる就職氷河期世代の採用試験実施を明らかにしました。

小山市は採用試験の実施背景として、氷河期特有の非常に厳しい雇用環境を指摘しており「雇用環境が厳しい時期に就職活動を行い、現在も不安定な雇用状況にある就職氷河期世代の方を含む、社会人の方々を対象とした試験」と言及し、採用試験の意義と必要性を訴えています。

なお、公開された資料によれば、市では昭和49年4月2日から昭和60年4月1日までに生まれ、指定する条件を満たしたひとを対象に、土木技師および建築技師をそれぞれ若干名募集する方針です。2020年6月7日の一次試験に向け、2020年5月11日~2020年5月27日にかけて応募を受け付けています。

 

ゆめ
新型コロナの影響で、電子申請による申し込みが推奨されています。詳しくは市のウェブサイトを参照してね!

 

小山市はこんなまち

 

小山市は栃木県にある人口約16万7千人くらいの、県内第二の規模を有するエリアです。

県都・宇都宮市と隣接する恵まれた環境に加えて、充実した医療機関などの設備を持つため、住みやすさとしては県内屈指。空き住宅や建築可能な宅地流通数も多く、外部からの流入を得やすい環境が整っています。そんな好条件が影響してか人口も全体として増加傾向にあるようで、2010年は164,437人、2015年は166,795人、2020年は167,382人(4月1日時点)と推移しています。

 

ゆめ
わたしは足利市民だから、小山に行ったことあるよ!大きくてキレイな病院が印象に残ってる!
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事