喬木村が氷河期世代を対象に事務職員を募集、国の要請受け決定

画像令和2年度実施喬木村職員採用試験要項/喬木村

 

長野県喬木村は2020年6月9日、同村公式ウェブサイトにて発表した「令和2年度実施喬木村職員採用試験要項」にて、いわゆる就職氷河期世代を対象にした職員採用試験を実施する方針を明らかにしました。

同村では氷河期世代を行世事務職として採用する方針で、大卒や社会人など別の区分と合わせ若干名を採用予定しています。

喬木村が公開した資料によると、同村では昭和46年4月2日~昭和59年4月1日の間に生まれたひとのうち、「令和2年4月1日以前に正規雇用労働者として雇用されていない 」または「令和2年4月1日以前5年間に正規雇用労働者として雇用期間が通算1年以下」のいずれかを満たすひとを対象に応募を受け付ける方針です。

 

ゆめ
ちなみに、喬木村(たかぎむら)って読むのよ~!

6月10日より募集開始

 

喬木村の応募期間は2020年6月10日~2020年7月3日の約3週間です。

1次試験は2020年7月12日が予定され、SPIおよび論述試験での選考が進められます。また、二次試験は個人面接に加えて、受験者同士で課題を議論する集団討論が盛り込まれました。氷河期世代の採用は全国的に進んでいますが、県内での募集例は珍しく、採用者が現れれば全国でも数少ない氷河期世代の採用実績となる見通しです。

 

ゆめ
氷河期世代は、集団討論の練習の場が乏しいの。当サイトでは2020年6月12日にオンラインによる討論練習会を開催するから、興味あるひとは申し込んでね!!
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事