日立市が氷河期採用を発表するも、コロナで見直しの可能性

参考市報ひたち/日立市

 

茨城県日立市は2020年3月20日に発刊した市報ひたちにて、いわゆる就職氷河期世代を対象にした正規公務員採用試験の実施を発表しました。

公開された資料によれば、日立市は2020年10月上旬からの任用を想定し、2020年5月11日より募集開始を予定。ところが2020年4月14日現在、コロナウイルスの蔓延の影響から「(日程や内容・実施の有無を含め)見直しの可能性もある」と方針転換を検討している状況です。

これに伴い、採用を担当する総務部人事課も、「今後の動向を含め総合的に検討する」との姿勢を示しました。

ゆめ
結局のところ、現時点で試験日程は定かでないし、実施自体が取消になる可能性もあるってことね。今後の動向を注視して、動きがあれば公表するね!

 

日立市はこんなまち

 

日立市は茨城県に位置する、人口約17万5千人くらいの自治体です。

日立製作所の創業地として有名で、現在も工業が盛んな都市として知られています。芸能人やスポーツ選手も数多く輩出していますから、ご存じの方も多いのではないでしょうか。住民意識調査では、約7割程度のひとが住みやすいと感じている町でもあります。

 

ゆめ
関東圏で、氷河期採用躍動の波が発生中!! 神奈川県相模原市も氷河期採用を発表してるよ!
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事